名古屋市緑区有松町有松三丁山331-1
名鉄線有松駅より南に徒歩10分

診療時間
9:00~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

△:14:00~17:00/休診日:日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

052-693-8382

どうして歯周病になるの?

歯周病を発症するメカニズム

ほとんどの人の口の中には、歯周病菌という菌が存在しています。歯周病菌は、人間が持つ常在菌の1つ。しかし、一定の条件が揃わなければ、歯周病を発症することはありません。歯周病は、歯周病菌に対して体が過剰な免疫反応を起こすことで初めて発症するのです。

つまり、歯周病菌が口の中に存在しない人は歯周病にはなりません。また、歯周病菌がいたとしても、その免疫反応が適正なものであれば歯周病になる可能性はかなり低くなります。

もう少し具体的に、歯周病になるプロセスをご説明しましょう。

まず、口の中に歯周病菌がいます。これを何のケアもせずに放っておくと、徐々にその数が増えてしまいます。そして、その中には「非常にタチが悪い菌」も存在していて、もちろんこれも増えていきます。 

このように歯周病菌の総数と悪い菌の割合が増加すると、体の免疫が菌に対して立ち向かい始めるのです。歯茎や骨などを菌から守るため、精一杯戦ってくれます。

しかし、それでも菌がどんどん増えてしまうと、やがては対応できなくなってしまうでしょう。そして、歯に歯周病菌がくっついてしまいます。

驚くべきは、ここからです。口の中が歯周病菌だらけになると、これまでは菌と戦ってきた免疫が、今度は歯本体を攻撃し始めます。歯を異物とみなし、排除しようとして、歯を支えている骨を溶かしていくのです。この免疫の働きによって、歯周病は悪化していきます。免疫は、ある一定のラインを超えると、味方から敵に豹変してしまいます。

ここまででおわかりいただけたかと思いますが、歯周病を考える上での重要なキーワードは、「歯周病菌」と「免疫」の2つです。ここからは、それぞれの特徴について見ていきましょう。

キーワード(1)歯周病菌について

空気が触れない「歯周ポケット」に入り込み、増殖する

歯周病菌は嫌気性菌です。その名の通り「空気が嫌いな菌」なので、空気に触れないところに潜んでいます。しかし、私たち人間は口で空気を吸いますね。その時、歯の表面はもちろん空気に触れます。つまり、歯の表面にいる歯周病菌は、呼吸をするだけで死んでしまうのです。

そのため、歯周病菌は空気の届きにくい場所、例えば歯と歯茎の隙間や溝(歯周ポケット)に住みつく傾向があります。誰でも歯と歯茎の隙間には溝があるものですが、健康な方の場合、その深さはわずか2~3mm程度です。なかなか歯周病菌が留まることができる深さではありません。

しかし、歯磨きを怠ったり生活習慣が不規則だったりする場合には、歯茎が炎症を起こして腫れてしまいます。そして、ぷよぷよとした触り心地になったら要注意。こうなると溝の深さは4~5mmと深くなり、菌が住みつきやすくなるのです。

こうして溝の中に住みついた歯周病菌は、どんどん悪さを働きます。徐々に歯茎の下にある骨を溶かしていき、骨が溶けていくとますます溝は深くなり、さらに菌が増えるという悪循環に陥ります。

健康な人であれば、20代まではほとんどの方が歯周病にはなりませんし、なったとしても、ただ歯茎の炎症が起きているだけの「歯肉炎」という状態で留まります。

ただし、一度骨が溶け始めてしまうと、病気の進行スピードは瞬く間に速くなっていきます。車に例えれば、アクセルをベタ踏みしている状態。「歯周病は怖い」とよく言われるのは、こういう原理にあるのです。

プラークを作って歯にへばりつき、歯石になる

歯周病菌は、「バイオフィルム」というバリアを作ります。口の中のバイオフィルムのことを「プラーク(歯垢)」と呼びますが、これがなかなか厄介なものなのです。

プラークは、菌がたくさん集まってできた「のり」状の汚れで、歯にぴったりと付着します。なぜ歯なのかというと、歯茎や舌は、皮膚と一緒で代謝してどんどん生まれ変わっていくからです。

歯は子どもの歯から永久歯に生え変わることはありますが、大人の歯になったら死ぬまで、もしくは抜けるまで口の中に存在します。菌もなんとか生き延びようと必死ですから、より残りやすい歯にくっつきます。こうすることによって、唾液で流されることなく、口の中で生き延びることができます。

プラークは、私たちが食事で摂取する糖質を材料にして作られます。口の中に食べかすが残っていたりすると、プラークが作られやすくなるのです。どんどん作られたプラークは、雪だるまのように膨れ上がっていき、やがては古い部分から徐々に石化していきます。これを「歯石」と呼びます。

歯石は、歯ブラシでは取れないほど強く、まるで牡蠣のように歯にへばりつきます。また、牡蠣の表面がざらざらしているのと同様に、歯石もざらざらしています。そのざらざらが、さらなる菌の凝集を招くのです。

プラークは、掃除をさぼったお風呂場や三角コーナーに現れる「ぬめり」のようなもの。水ではもちろん、洗剤をかけてもなかなか取れないですよね。きれいに取り除こうと思ったら、洗剤をつけた上で、ブラシとスポンジで根気よく丁寧にこすらないといけません。プラークも一緒で、口をゆすいだだけでは取れないですし、歯磨き粉だけでも取れません。歯ブラシがきちんと当たったところだけ、プラークを取り除くことができます。

「私はちゃんと歯磨きをしているから大丈夫」と思う方もいるかと思いますが、歯磨きを「している」ことは、必ずしも「できている」とは言えません。実は、きちんとプラークを取れる歯磨きをしている方は、ほとんどいないのです。歯を守るためには、歯科医院で正しい磨き方を身につけることが重要になります。

常在菌であり、完全に除去することはできない

冒頭でもご説明した通り、歯周病菌は常在菌として口の中に存在しています。つまり、歯周病菌を完全に除去することは不可能なのです。

口の中の常在菌は子どもの頃に決まると言われており、大人になってからそれを変えることはできません。

しかし、歯周病菌が常に口の中にいたとしても、悪さをしないようにコントロールできればまったく問題はありません。「体の免疫が歯周病菌に対応できるぐらいの量」に抑えておければ良いのです。言い換えれば、歯茎の溝(歯周ポケット)が深くならないようにしてあげれば、歯周病菌は増えません

大切なのは、うまく歯周病菌と付き合っていくこと。腸内細菌にも、悪玉菌や善玉菌があります。この悪玉菌は、口の中で言う歯周病菌や虫歯菌。お腹の悪玉菌も、口内の歯周病菌や虫歯菌もゼロにはできませんが、コントロールしてあげることはできます。体の中には良いものと悪いものの両方がある状態ですから、バランスをとってあげましょう。

正直なところ、医療は完全に科学で解明されているものではありません。歯周病菌についても、すべてがわかっているわけではないのです。歯周病菌は、確かに歯茎にとっては悪影響を及ぼす脅威でしょう。

しかし、全身の健康バランスを保つには、一定量の歯周病菌が必要である可能性も完全には否定できません。歯周病菌=完全悪と決めつけてしまうのは、やや危険な考え方でもあるのです。

どんなにきれいな人でも、口の中にはたくさんの菌が住んでいます。私たちは、口から食事を摂取しますね。食べ物を口の中に放り込むということは、そこにいる雑菌に餌をあげるということ。当然、食事のたびに菌は増えていきます

なぜ食事後に歯磨きをするのかというと、食べかすを取るだけでなく、食事によって増えた菌を再び減らすためなのです。ここまで理解できれば、歯磨きの重要性にもお気づきなのではないでしょうか。

キーワード(2)「免疫」について

歯周病に対する免疫は、2つの要素によって決まります。

1つ目は、生まれつきの体質、つまり先天的要素です。遺伝的に歯周病になりやすい体質の方は、少なからずいらっしゃいます。癌家系や高血圧家系があるのと同様に、歯周病になりやすい家系というのもあるのです。

ご両親のどちらかが歯周病で多くの歯をなくしてしまっている場合、自分も歯周病になりやすいと考えた方が良いでしょう。そういう方は、意識的に歯医者に通う習慣をつけて、うまくリスクを回避してあげることが非常に重要です。

そして2つ目は、生まれた後の問題、つまり後天的要素です。遺伝的には問題がなくても、何かしらの影響で歯周病になりやすくなってしまうということがあります。

その代表的なものが、生活習慣。歯周病になりやすい生活習慣がある人とそうでない人とでは、発症率に大きな差が出ます。危険な生活習慣について、具体的にご紹介しましょう。

タバコ

「百害あって一利なし」と言われる例に漏れず、タバコは歯周病リスクを格段に高めます
。また、かかってしまってからの進行を早めるという作用もあります。あるデータでは、
タバコを吸う人は、吸わない人に比べて4倍近く歯周病になりやすいと言われているほど
です。歯周病の進行速度は2倍以上早く、しかも治りにくくなります。

当院の歯周病患者の皆さまには、「なるべくタバコはやめてください」とお願いしていま
す。重症の方には、「タバコをやめるか、入れ歯になるか、どちらかを選択してください
」とお話しすることもあるほどです。

また、喫煙を続けていると、糖尿病や高血圧症など、さまざまな生活習慣病を引き起こし
やすくなることがわかっています。歯周病以外の大きな病気にかかる可能性も高まるので
す。

当院では、歯周病をきっかけに禁煙していただくというのは、とても意味のあることだと考えています。

バランスの悪い食事

ビタミンやミネラルなどが不足すると、歯周病になりやすいと言われています。

サプリメントなどを使うほど気にする必要はありませんが、食事のバランスには意識的になる必要があるでしょう。普段から十分に野菜を食べるように心がけてください。

偏食の方は、なるべく早く改善に向けて取り組みを始めることをお勧めします。

睡眠不足

睡眠不足も歯周病リスクを高める要因になります。仕事などでやむを得ない場合を除き、やはり夜はしっかりと、十分な時間寝るように心がけてください。

科学的なデータではありませんが、歯科医の感覚として、夜勤がある職種の方は非常に歯周病になりやすいと思われます。具体的な例を挙げると、タクシーの運転手さんや看護師さんなどです。

あくまで歯周病になる方が多い傾向にあるということですが、不規則な生活スタイルを余儀なくされている方は、特に気をつけておくことをお勧めします。

ストレス

ストレスも歯周病と深く関係しています。身内に不幸があったなど、多大なるストレスがかかる時には、歯周病が悪化するケースが多く見られます。

まったくストレスがない生活というのは難しいかと思いますが、自分なりの方法で適度にリフレッシュして、うまく付き合っていく工夫をしましょう。

肥満

肥満は万病の元とよく言われますが、歯周病も例外ではありません。適度な運動を心がけて、適正体重を維持しましょう。

運動することは、肥満防止だけでなく、ストレスの解消にもつながります。

これらの他に、ステロイドや免疫を抑制する薬を服用した場合も、歯周病リスクは増加します。薬によっては歯茎が腫れる、唾液が出なくなるなどといった副作用があるものもあり、それらにも注意が必要でしょう。

また、免疫力が落ちる病気(糖尿病・白血病・HIVなど)にかかってしまった場合は、歯周病と並行してその病気の治療も進めなくてはなりません(もしくは、コントロールしなくてはなりません)。

最も問題なのは、健康診断を受診しておらず、自分の健康状態について把握していない場合です。隠れ糖尿病や隠れ高血圧など、実は大きな病気にかかっているのに、本人がそれに気づいていないケースは珍しくありません。

当院にお越しいただいた際は、初めに問診表などで病気や薬の服用状況について確認します。その際に自己申告があった方には、私たちもそのつもりで診療を進めますが、自己申告がない場合はそうはいきません。

「最近、血液検査や健康診断を受けられましたか?」と質問した際に、「もう10年近くしていません」と答える方の方が、病気を持っていることがわかっている人よりもずっと怖いのです。

仕事の都合などで時間を取れない方も多いかと思いますが、やはり定期的に健康診断や人間ドックで体のチェックをされることをお勧めします。

歯周病をきっかけに、全身の健康にも目を向けましょう

ここまででおわかりいただけたかと思いますが、歯周病生活習慣病の1つであり、発症の背景にはさまざまな要因があります。

当院では、歯周病治療をきっかけにして、皆さまがご自身の体のことをよりいたわるようになってほしいと考えています。大きい病気にかかってからでは、後悔しても体は元に戻りません。

患者さまの健康を守ることが私たちの務めだと思っておりますので、ぜひアドバイスに耳を傾けていただければと思います。

最後に、歯周病についてまとめると以下のことがポイントになります。

ポイント

  • 歯周病は、歯周病菌と免疫のバランスによって発症する。
  • 歯周病は悪くなればなるほど進行が早くなるので、早めの対応が大切
  • 歯周病菌はプラークを形成して歯にへばりつくので、歯ブラシでプラークを除去する正しい磨き方をマスターする。
  • 全身の病気(糖尿病など)と歯周病は関連しているため、定期的な全身の健康診断で自分の健康状態について把握しておくことが大切
  • 歯周病は生活習慣病であるため、歯周病治療には日々の生活習慣を改善することが不可欠

上記の点をしっかり頭に入れて、歯周病にならない健康なお口をつくっていきましょう。

院長 小塚義夫

患者さんのお悩み、お話しを最後までしっかりと聞いて
患者さんが本当に望む治療を提供できる歯科医院を目指しております。
名古屋市緑区の歯医者・つゆくさ歯科医院へどうぞ安心して何なりとご相談いただければと思います。

 
午前 ×
午後 ×

午前 9:00~13:00
午後 14:30~18:30

※土曜午後のみ
14:00~17:00

休診日 日曜日・祝日

052-693-8382