名古屋市緑区有松町有松三丁山331-1
名鉄線有松駅より南に徒歩10分

診療時間
9:00~13:00 × ×
14:30~18:30 × ×

△:14:00~17:00/休診日:日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちら

052-693-8382

保険治療と保険外(自費)治療の違い

歯科の治療は、健康保険が使える「保険治療」と健康保険が使えない「保険外(自費)治療」の2種類に大きく分けられます。

でも、「この2つの治療は一体なにが違うのか?」、「それぞれのメリットとデメリットは?」といったことについては、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。

こちらのページでは、保険治療と保険外(自費)治療の違いと、それぞれのメリット・デメリットについてご説明したいと思います。

保険治療

保険治療とは健康保険が使える治療のこと。患者さんの費用負担は治療費の3割だけで済み、とても安い費用で治療を受けることができます。

また、保険治療の費用は全国一律なので、どこの歯科医院で治療を受けても費用は同じ金額。全国どこでも同じ費用で治療が受けられるのです。

しかしながら、費用が安い、全国どこの歯科医院で治療を受けても費用は同じ、というメリットがある一方で、治療方法や治療に使う材料、治療にかけられる時間に制限があるといったデメリットもあります。

保険治療は、治療方法や手順、治療に使う材料に細かいルールがあるため、決められたルール以上の治療は行えません。そのため、最新の治療法で治療できなかったり、高性能の材料を使うことができなかったりします。何より時間があまりかけられないということは、妥協的な治療になってしまうこともあるということです。結果的に、患者さんにとってベストとはいえない治療になることもあります。

つまり保険治療は、

  • 費用が安い
  • どこの歯科医院にかかっても費用が同じ

というメリットがあるものの、

  • 治療方法、材料、治療時間に制限があり、妥協的な治療になり
  • 場合によってはベストな治療を受けられない

というデメリットがあるというわけです。

保険外(自費)治療

一方、保険外(自費)治療は健康保険が使えないかわりに、治療方法や治療に使う材料、治療にかける時間が制限されることはありません。最新の治療法で、高性能の材料を使い、時間をかけてていねいに治療することができます。保険治療のような細かいルールがありませんから、患者さんにとってベストな治療を行うことができるのです。

ただし健康保険が使えませんから、治療費の3割だけを負担すればよい保険治療とは違い、費用を全て患者さんが負担しなければなりません。そのため治療費は保険治療と比較すると高額になるのが一般的です。

また、自費治療の費用は歯科医院が自由に値付けできるため、治療を受ける医院によって費用はマチマチ。A歯科医院では10万円の治療がB歯科医院では20万円ということもあり得るわけです。そもそも歯科治療は物を売っているわけではありませんので、医院ごとの技術や設備の違いに基づいて価格に違いがあることは当然だともいえます。自費治療とは、その医院の「実力を出し切れる治療」と考えても過言ではありません。

つまり自費治療は

  • 最新の治療が受けられる
  • 高性能の材料を使える
  • 時間をかけてていねいに治療してもらえる
  • 患者さんにとってベストな治療ができる

というメリットはありますが、

  • 保険治療に比べて費用が高額
  • 歯科医院ごとに治療費が異なる

というデメリットもあるというわけです。

それでは、保険治療と保険外(自費)治療は、どちらがより良い治療なのでしょうか?
まずはここまでのお話をまとめて、保険治療と自費治療の違いを下の表に整理しましたので、ご覧ください。

  保険治療 保険外(自費)治療
最新の治療が受けられる ×
高性能の材料や薬を使える ×

時間をかけてていねいに

治療してもらえる

×
ベストな治療を受けられる
費用が安い ×
どこの歯科でも同じ費用 ×

この表が示す通り、保険治療と保険外(自費)治療はどちらにも一長一短がありますので、どちらがより優れているということを一概に言えるものではありません。ただ、治療効果だけを考えると、自費治療の方が患者さんにとってベストな治療をご提供できることが多いのは事実です。

たとえば、小さな虫歯や軽い歯周病なら、保険治療でもそれほど問題ありません。一方で悪化した虫歯や進行した歯周病では、保険治療では満足のいく治療結果が得られないこともあります。その結果、十分に噛めない、見た目が悪い、ということも起こりがち。また、虫歯や歯周病の再発が起きやすいという問題もありますから、虫歯や歯周病が進行し悪化してしまった場合は、予算が許すのなら保険外(自費)治療の方がお勧めです。

予算に制限がある場合、すべての治療を保険外(自費)治療にする必要はありません。でも、もしも症状を悪化させてしまったら・・・。なるべく保険外(自費)治療を選択された方が、患者さんにとってベストな治療を受けられることと思います。

保険治療と自費治療の違いを「水」で例えると・・・

保険治療と自費治療の違いを「水」で例えると、保険治療が水道水、自費治療がミネラルウォーターだと言えます。

飲み水として水道水を飲んだとしても、カルキで消毒されているので死ぬことはありません。でもこの水道水が美味しいとは言えないと思いますし、体に良いということもありません。一方、ミネラルウォーターを飲み水として飲んだ場合は、美味しく飲めますし、ミネラルも多いため体にも良いと言えるでしょう。

歯を治すのも同じです。歯の治療に投資するということは、末永く美味しいものを食べられることに繋がり、健康寿命を延ばすということにも繋がります。

患者さんへのお約束

当院では必要に応じて、保険治療と保険外(自費)治療のご説明をさせていただいております。これは患者さんに保険・保険外を問わず、どのような治療方法があるかをお知らせするためです。

決して保険外(自費)治療を無理にお勧めするようなことはありませんので、ご安心ください。また、患者さんが保険治療を選択すると態度が横柄になる・・といった歯科医院もあるようですが、当院ではそのようなことは一切ないとお約束いたします。

院長 小塚義夫

患者さんのお悩み、お話しを最後までしっかりと聞いて
患者さんが本当に望む治療を提供できる歯科医院を目指しております。
名古屋市緑区の歯医者・つゆくさ歯科医院へどうぞ安心して何なりとご相談いただければと思います。

 
午前 ×
午後 ×

午前 9:00~13:00
午後 14:30~18:30

※土曜午後のみ
14:00~17:00

休診日 日曜日・祝日

052-693-8382